消費者心理2カ月ぶりに悪化 長雨や日照不足で懸念強まる


 内閣府が1日発表した8月の消費動向調査によると、消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上世帯、季節調整済み)は前月比0.5ポイント低下の43.3となり、2カ月ぶりに悪化した。長雨や日照不足を受け、東北、北陸地方などで第1次産業が打撃を受ける懸念が強まったことなどが影響したとみられる。

 内閣府は、基調判断を「持ち直している」から「ほぼ横ばいとなっている」へと引き下げた。下方修正は9カ月ぶりとなる。調査は、向こう半年間の消費者の購買意欲など4項目について見通しをまとめ算出している。

 今回の調査では4項目全てが悪化した。「暮らし向き」は0.6ポイント、「収入の増え方」は0.4ポイント、「雇用環境」は0.7ポイント、「耐久消費財の買い時判断」は0.6ポイント、それぞれ低下した。

 1年後の物価見通しは「上昇する」と回答した割合が76.1%で前月よりも0.3ポイント増えた。



引用:消費者心理2カ月ぶりに悪化 長雨や日照不足で懸念強まる


プレゼント情報!



私の愛用しているツールを

無料でプレゼントしちゃいまーーす!!

こちら!!






スポンサーサイト
プロフィール

gdhf54t2

Author:gdhf54t2
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR